Thecus N0503 を使ってみた

ちと必要に迫られて NAS を物色していたところ、Thecus N0503 が面白そうだったので調達してみた。オリオスペックで 46700円也。

N0503 は Atom プロセッサを搭載しており、この価格帯にかかわらず転送速度が 70MB/s 前後と高速で、しかも iSCSI 対応やマルチメディアサーバ機能などいろいろな機能を備えています。

弄り倒すのは後にして、まずは実測。
構成はこんな感じ。

  • ファーム 3.00.04
  • WD10EADS (1TB,32MB) x3
  • RAID5・XFSフォーマット
  • ジャンボフレーム 9000byte
  • PC は Windows 7 Ultimate 64bit
  • PC – NAS 間はストレートケーブル (2m) で直結

まずはネットワークドライブで計測。

ん、割と早い。
何年か前に使っていた IODATA のとかは 20~30MB/s だったので遥かに早い。

しかしこんなものは序の口だった。
この後 iSCSI で驚くことに。

これはちょっと前の内蔵HDD並みじゃないか!
早い早すぎるよ!

今後の掲載予定

  • 領域の作り方にご用心
  • iSCSI の設定方法
  • メモリを2GBに増量したでござる
  • モジュールを入れてみよう
  • …など。ただし予定は未定。