栞 蔑みの目

「これで満足ですか、リーユンさん」

メイドに扮する栞の服装チェックをしていたリーユンが、調子に乗ってパンツまでチェック。
思わず蔑みの目をする栞だが、別に怒ってはいないようだ。