栞 反省会

「…はい…ごめんなさい…」

いい動きができなかった事を母である “玲" に指摘され、反省する栞。
厳しくも優しい母の言葉を糧に、栞はまた一歩前進するのだ。