梢 部屋着

「いいじゃないか。どうせキミしかいないんだし」

自宅では裸族の彼女も、人がいるときは必要最小限ながら何かを着るようにしている。
また万一に備えて、いかなる状況でも複数の暗器を身に着けている。