「これで満足ですか、リーユンさん」 メイドに扮する栞の服装チェックをしていたリーユンが、調 ...

「...はい...ごめんなさい...」 いい動きができなかった事を母である "玲" に指摘 ...

「リーユンさん、あの...恥ずかしいです...!」 モデルであるリーユンに「チャイナドレス ...

「今日はちょっと、波が高いですね」 水泳も割と得意な栞。今回はバカンスなので思い切ってビキ ...

「さあ、殺すつもりでかかってきてください!」 普段は温和で物腰柔らかい栞も、訓練では一変。 ...

「どうですか? おかしかったり、しませんか?」 潜入作戦でメイドに扮する前に、仲間に見ても ...

「...あの、後ろから見ないでいただけます?」 秘書さんからもらったバトルスーツの具合を確 ...

「はい? 私にご用ですか?」 ディアナの親友で、同い年の15歳。伝説的な格闘家である母親譲 ...

「このバトルスーツ、ちょっと...きついですね」 秘書さんがどこからか入手してきた最新鋭の ...