リーユン

「えへへー、あげないよ」 おいしいソフトクリームに無邪気な笑みを浮かべるリーユン。割と貴重 ...

ディアナ

「これでいいですか?」 相手幹部との面会を前に厳重なボディチェックを要求され、躊躇なく応じ ...

綾乃

「お客様ですか。私には不審者にしか見えませんが」 タカスナインダストリィ社の秘書の一人。ス ...

「これで満足ですか、リーユンさん」 メイドに扮する栞の服装チェックをしていたリーユンが、調 ...

綾乃

「いつでもどうぞ」 クールビューティーな綾乃は脱いだら凄い。スポーツ万能な上、格闘技の実力 ...

香澄

肌が透けるほど薄手のタンクトップ。透け感の練習ですが、なかなか難しい。

「...はい...ごめんなさい...」 いい動きができなかった事を母である "玲" に指摘 ...

「へええ、お姉さんも大変だったんですね」 元々は良家の出身で、普段は非常に礼儀正しい。 幼 ...

皇国の人間は、体を任意の年齢に留める事ができ、葵は自らの意志で12歳の姿に留めている。 服 ...

「もうばてちゃったの? お姉さん弱いねー」 普段は礼儀正しいが、気分が高揚すると人を小ばか ...

etc

「どうしました? 一緒に寝てほしいのですか」 なぜか下を穿いていないのですが、本人なりの理 ...

綾乃

「今宵は楽しんでくださいね」 会社の祝賀会に駆り出され、コンパニオンともども接待させられる ...