ボーダーブレイク ニコ生配信設定(新配信対応)

テクモピア向ヶ丘遊園のボーダーブレイク生配信(ニコニコ生放送)、「設定どうやるの?」とのご質問をよく受けますのでまとめました。

配信機材はパソコンで、アマレコTVでの録画ができる事を前提としております。
詳細は以前の記事をご覧ください。
なお、この方法は Windows 10 で動作確認済です。

必要なソフト

アマレコTV
Flash Media Live Encoder (FME)
FMEAutomator 3
Niconama Comment Viewer (ncv) ※ニコ生のコメントを表示するソフト

設定方法 (NC-500N1/DVI の場合)

◆アマレコTV
・[グラフ1(デバイス)] タブ

上記設定後、[デバイス設定] ボタンをクリックし、[ビデオデコーダー]タブの[標準ビデオ]を「NTSC_M」にしてください。(これ以外ではエラーが発生します)

・[グラフ3(ライブ)タブ]

ライブで再生される音声は、[グラフ1(デバイス)]で指定したものです。
マイクの音を重ねたい場合は[ミキサー]をオンにし、[マイクの音]を指定します。マイクを2本使いたい場合は[PCの音]で設定します。いずれも[再生]はOFFにします。
[オーディオ設定]-[サンプリングレート]は[グラフ1(デバイス)]で指定したものの1/2が目安です。

なお配信中、アマレコTVは常に起動しておく必要があります。
誤って終了しないよう気をつけてください。


◆FME
インストールするだけでOK。
(設定は FMEA 上で行います)


◆FMEAutomator 3
起動時にニコニコ動画へのログインを促されるので、ダイアログの指示に従います。(要プレミアム)

設定は上の画像の通りで良いと思います。
[フォーマット]はボーダーブレイクの場合 VP6 が良いです。(動きが大きい時 H.264 より画質が落ちにくい)
[ビットレート]はビデオとオーディオの合計が 2000kbps 以下になるように設定します。
※2017年11月現在。この画面では余裕を見て1500kbps程度にしています。

・[ファイル]-[設定]

FMLECmd.exe はFMEをインストールしたフォルダの直下にあります。
(既定では C:\program files (x86)\Adobe\Flash Media Live Encoder 3.2)
[ブラウザの種類]はニコニコ動画にログオンする際に使用するブラウザを指定します。Firefoxお勧め。

・[ツール]-[ncv]

ncvをインストールしたフォルダ内の、実行ファイル(.exe)を指定します。
多重起動は禁止しておくと便利です。

・[プラグイン]-[配信内容の項目設定]

[放送するコミュニティ]は、ログオンユーザーが放送可能なコミュニティが自動的にリストアップされます。
タイトルに「${CountD}」と記載すると、その場所に[枠数]が挿入されます。
[枠数カウント]をオンにすると、[枠数]は放送の度に自動的に1ずつ増えていきます。


◆ncv
基本的に設定不要です。
ログを残したいときなど、必要に応じて設定を変更してください。

生配信の方法

FMEAutomator 3 はニコニコ動画へのログイン情報を保持する仕様となっており、そのままでは不特定多数が使用するのに不適です。

そこで、起動時にログオン情報を破棄するスクリプトを作成しました。 →スクリプトをダウンロード
このスクリプトをデスクトップなどに置き実行させることで、前の利用者のログイン情報が破棄された状態でFMEAが起動するため、より安全に配信できるようになります。

アマレコTVは常時起動するものとして、後の手順は以下の通りです。
→マニュアルをダウンロード(Word形式)

アマレコTVとブラウザは常時起動で良いと思います。
その場合、ユーザーの操作はFMEAのみとなります。


意外と簡単でしょう?
音量調整は実際に配信しながらやっていくのが良いと思います。